色々ありますね(^^;)

ようこそSpace-angelへ

と言う言葉でいつもブログを始めてます。

最近色々と自分自身のことや主人との関係のことなどを考える時が多く、グルグルしてる日々が続いています。

夫婦関係ってなんだろう?と、つらつらと考えたり、いろんなサイトを覗いてみたりして、結構私と同じこと思っている女性って多いんだな。とちょっと安心する半面、びっくりしたり。逆にこんなに多いならお手伝いできることないかな?なんて考えたりもしています。

夫婦って言う関係、難しい・・と、最近思います。

一番信頼出来るはずの存在が実はそうじゃなかった・・・・とか、よかれと思ってやっていたことが実はただの自己満足だったとか。こうして欲しいから、自分の思い通りになってほしいから、なんとかしたいから、主人が喜びそうなことをやっていた自分に自己嫌悪したり。あるいは、旦那を見ると腹が立つので嫌味のようにチクチクと言って、ものすごい静かなエネルギーで旦那を攻撃して、旦那の内側から壊していくような・・ボクシングのボディブローのようにじわじわとダメージが効くような・・そんなエネルギーを発しながら、旦那を責め続け。

でも、そんなことやると自分に返ってくるので、同じようにダメージを受けて、旦那も私もボロボロ(笑)

考えてみたら、自分がやってきたことなのに、本当に相手にしてあげたいと思っていたことじゃなかった。私がこうしてやってあげてるんだから、あなたもわたしにこうしなさいよという・・なんかいびつな、とても不健全な思いから発していた行為だったことに気づいて愕然として、でも、どうしてそんな風に私はやってしまったんだろう?と、自分自身を振り返ってみたり、自分を感じてみたり。

私がやりたいようにやってきたつもりだけど、実はそうじゃなかったと言うことに今更ながら気が付いて、つまり、自分が旦那にこう言う風にやってあげたいの。と思ってやっていたことは実は、本当はやりたくないけど、旦那にこう言う事をやっていれば旦那もきっとこう言う風に私に返してくれる。そうしたらきっと旦那は私をもっと求めてくれる。と思って一生懸命やってきたけど、元々それは、私がやってあげたいことじゃないから。私の喜びからくることじゃないから、やり続けていれば無理が出て来て、出てくるのは旦那に対しての不平不満。

そんなこと言ってるんじゃない。どうしてわからないの?そいう態度が私も拒否してるんだよ?なんでそんな態度なの?私はいつだってあなたのリクエストに応えてきたでしょう?

なのに、どうしてあなたは私のリクエストに応えてくれないの?

相手を責めながらも、自分も責める。

私はもっと旦那に対してやってあげなければいけないんだ。やってあげなければダメなんだ。努力が足りない。思いやりが足りない。何もかも足りない。

やってあげないとダメ。

やってあげられない自分は何の価値もない。存在価値なんてない。

そんな思いが、今までのことを振り返ってみたら溢れるように出て来て、夫婦と言う関係をいびつにしていたのは私だったんだ。と気づいた時奈落の底に突き落とされるってこういうことだな・・と思ってしまいました。

私の理想とする夫婦関係から程遠い今の旦那との関係。理想の関係を追求するあまりそこに執着しちゃって、旦那を責めてしまうこともあり。半面、理想の夫婦関係を望むことが悪いことではなく、理想の関係になった時、私はどうするのか?と言うその先のことも出て来て色々考えたり、感じてみたり、瞑想して見たり・・なんか色々大変・・とひとりごちています。

旦那との関係なんてどうでもいいじゃない。とりあえずお給料持ってきてくれてとりあえず自由にしてくれて、子供もいるし、生活もできるし、それでいいじゃない。という人もいる中で、私も旦那との関係なんてどうでもよい・・と思っていたけど、でも、本当にそれでいいのかな?これからあと数十年一緒に生活をする人なのに、そんな感じでいいのかな?と、急に思ってしまったのです。

お互いにそういう考えだったらいいのかもしれないけれど、それはきっと健全な関係ではないと思うのです。

旦那は自分の鏡ですから。鏡に映っている旦那に無関心なのは、鏡を映している自分にも無関心ということなのでは?

旦那を通して、旦那との関係を通して自分を見つめてみるとたくさんの気づきがあり、それはとても辛くてハードなものだけど一つ一つクリアしていくことで、旦那との絆がもっと強くなるような気がします。

まだ、これだ!という答えは出てないのだけれど、話し合うことで少し相手が見えてきた感じがします。

夫婦って色々ありますよね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


愛と感謝を込めて

えり



ellie@space☆angel's Ownd

Space-angelは『楽しい!』を発信してます。