夢を見よう!希望を持とう!



小さいときに、宇宙に行きたい。って思ったことがある。

宇宙は広くてきっとたのしいんだろうな~。って。

(何が楽しいのかわからないが・・・)

その頃は、東京の亀有って言うところ、こちら亀有公園前派出所という漫画で有名なところ。

そこに住んでいたから、窓から見える空って小さかった。

腰窓を開けるとすぐ隣のビルの壁で、空は斜め上を見ないと見れなくて、それも、

高くなった線路のそのまた上。

智恵子抄という本の冒頭で、

「智恵子は東京には空がないという・・」というフレーズがあるんだけど、

まさに、そんな風に思っていたんだよね。

でも、それは自分の世界が小さいからそういう風に感じていたのかも知れない。


宇宙飛行士と言う仕事があることを初めて知ったとき、宇宙飛行士になりたい。と思った。

それを父に言ったら「宇宙飛行士なんてなれるわけないだろう。」と言われたのを覚えている。

今みたいにインターネットがある時代じゃなかったし、百科事典で調べても宇宙飛行士になる

為の勉強とか、そういうのはわからなくて、でもきっとアメリカに行ったらなれるんじゃないかな?

なんて漠然と考えていた。


いつの間にか、宇宙飛行士になりたい!というのは、自分で夢のまた夢みたいな話になって、SF小説やファンタジー小説に夢中になって、アンドロイドも人間もわからなくなるくらいの時代がくるんだろうな~。

なんて、夢を見ていた。


そういえば、本当に大昔に、「captain Future」という小説があって、それがすごく面白くて、自分で勝手にその物語の登場人物になって、一緒にアドベンチャーするって妄想してたな~。

(妄想大魔神だったから 笑)

それはそれで面白かったし、今思うと、その頃自分で勝手に書いた小説もどきはもしかしたら、

自分が宇宙時代に経験したことなのかも知れない・・なんて思う事も在る。

宇宙戦争時代・・のことなのかもね~。


としみじみしてるけど、

「夢見よう。希望を持とう!」

夢見るのは子供だけじゃない。

あきらめないで!

私たち大人だって夢見ていいんだよ~!

色んな事を諦めてきたかも知れない。

これは、あなたには無理。と言われたり、自分で思って諦めたり。

その時には無理だったかも知れないけど、今なら叶えられるかも知れない。


宇宙にオファーしてみて、なんかわくわくしたら、それはあなたが本当に望んでいることだよ。


本当にやりたい事って、理由がないんだよね。


「ただ、やりたい!」って思う。身体全体で「やりたい!」って。

結果とか、手段とか、時期とか、お金の問題とか全然関係ないんだよね。

まわりが反対するだろうな・・とか、世間体とか、そういうのも関係ない。

今時そんな他人の言うことに従うことないよ。

だって、「やりたい!」んだから!


そしたら、すべてのタイミングで、すべてがそろう。


ねえ、心が震えるくらいやりたいことってある?


小さいときに何になりたかった?


自分に聞いてみて。


have a nice day!

eri











ellie@space☆angel's Ownd

Space-angelは『楽しい!』を発信してます。